月別アーカイブ: 2012年1月

国内企業12社がスマートジャパンアライアンスを発足

業界団体「スマート ジャパン アライアンス(略称 : SJA : Smart Japan Alliance)」が設立され、活動開始を決定しました。SJAは、電力・エネルギー、環境はもとより、防災・防犯、介護・福祉、教育、農業など、幅広い分野でのIT・ネットワークの課題解決に向けた検討を行い、あらゆるマーケットで容易かつ即座に応用できるネットワークモデル/ プラットフォームを提案・提供することを目的に設立するものです。

当面は、エネルギー分野のサービス/ネットワーク プラットフォームの構築に注力し、農・漁業、環境管理・監視、介護・医療といった分野にも取り組んでいく計画です。また、2月1日〜3日に東京ビッグサイトで開催される「ENEX/Smart Energy Japan 2012」に出展・参加し、活動内容や現在開発中のモデルプラットフォームのデモ、参加企業の製品・ソリューションの紹介を行うほか、開発したプラットフォームを企業に設置しての実証実験も近日中に開始する予定です。

当社はSJAの事務局となります。公式サイトはhttp://smt-jpn.org/

プレスリリース

2012年1月25日
ディジ インターナショナル
次世代のZigBeeスマートエナジーゲートウェイ「ConnectPort X2e」を発表
大規模な機器配備向けに最適化された強化版のスマートエナジーゲートウェイ

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、このほど、ZigBeeスマートエナジーゲートウェイの低価格かつ機能拡張版である「ConnectPort X2e for Smart Energy」を発表しました。本ゲートウェイは、ZigBeeスマートエナジー機器をホームエリアネットワーク(HAN)からブロードバンド経由でエネルギーサービスプロバイダに接続します。電力会社やパートナーが大規模なスマートエナジー機器配備の構築やメンテナンスをより容易に行うために、スマートエナジー機器を無線でアップデートさせるさらなるメモリやプロセッサ処理能力を提供します。ConnectPort X2eはまた、Smart Energy 2.0へのアップグレードパスも提供します。

続きは、http://www.digi-intl.co.jp/news/press/2012/120125.htmlをご覧ください。